FC2ブログ

Welcome to my blog

紀美花の研究メモ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4-2】「疲労・眠気・覚醒と前立腺」

ドライオーガズム(前立腺の充血)に良い事と悪いこと、促進する要素と阻害する要素のご紹介。
項目別(2)は「疲労・眠気・覚醒と前立腺」です。

----------------------------------------------------------------------

前の記事《【4-0】ドライオーガズム(前立腺の充血)に良いこと悪いこと 》であげた項目でこの記事に関連するのは、下記の項目です。

◼︎促進する要素の、3.身体がリラックスしている(筋肉が硬直していない)、4.睡眠を十分に取っている、5.リラックスによる自然な眠気(疲労による眠気はNG)

◼︎阻害する要素の、2.疲れている、3.頭が覚醒し過ぎている(考え過ぎている)、

----------------------------------------------------------------------

男性は、疲れている時にムラムラして来ることもあるそうですね。
これを『疲れ魔羅』と言って、命が尽きる前に子孫を残さなきゃ!と遺伝子が信号を出しているという説があります。(本当か分かりません)

女性にもこの『疲れ魔羅』がある人も居るという話もありますが、私の感覚では男性よりそういう感覚は少ないんじゃないかと思います。
少なくとも私は疲れて居るのに、より疲れることはしたく無いと思ってしまうタイプです。(しかし、疲れてても責めなら出来るのが不思議です。)

普段全く性欲の無い友人の女の子が、旦那さんが仕事などでピンチになったり病気になった時に
「今、子供を作らなくては!!」と急に思ったそうで、人の本能は子孫を残したいタイミングでちゃんとムラムラするスイッチを入れているんだとしたら凄いですね。


さて、今回(というかこのブログ全体)のテーマはそんな生殖活動のムラムラとは別のベクトルに向かうドライオーガズムと疲れや眠気についてです。

M性感覚で前立腺マッサージを受けた事がある人は、女性にタッチした時に「邪念があるとドライでいけないよ!」と言われたり、勃起したおちんちんを叩かれて「女の子の気持ちにならないとダメでしょ!」などと言われた事があるかもしれません。
前立腺マッサージは、『前立腺が急激に充血して膨張し、射精する』本来の状態にならないように、『前立腺をゆっくり時間をかけてじわじわと充血させる』行為です。
ですから、ゆっくり刺激している途中で、男性的なムラムラが発生してしまうと急に射精してしまって失敗します。

『疲れ魔羅』状態はだとペニスへの意識が強くなり過ぎるため前立腺マッサージに集中しにくくなります。
その上、ドライオーガズムは女性的な感覚なので疲れていると欲求も湧きにくくなります。(腹部の筋肉の収縮にエネルギーを使うため、疲労が強い日はオーガズムに達しても快感が弱くなります。)

というわけで、疲れはドライオーガズムの大敵です。
良く食べてよく寝て体力がある時の方が集中し易く、前立腺も充血し易く、筋肉の痙攣も起き易くなります。

しかしながら、眠気(マッサージで眠くなったり、お風呂に入って眠くなったりなど、リラックスによる眠気)についてはドライオーガズムに良い効果が出る事があります。
それについて少し説明したいと思います。
少しマニアックな話になりますが、ドライオーガズムやポルチオオーガズムの仲間(進化版)で『エナジーオーガズム』という体のどこにも触れずに、下腹部への精神の集中と呼吸法のみでオーガズムに達する方法があります。(前立腺マッサージは、このエナジーオーガズムの精神集中法を実践すると軽くて優しい物理刺激でドライオーガズムに達する事ができます)

このエナジーオーガズムは、雑念があったり考え過ぎていて頭が覚醒していると全く反応が起きず、頭を『瞑想状態』にする事ができると感じることが出来るようになると言われています。

『瞑想状態』とは、目を閉じて心を穏やかに落ち着けて、思考を無にすることです。

『瞑想状態』は眠る直前の状態や目が覚めた直後の状態に近いので、
お客様からのお話しで「エネマグラを入れっぱなしにしていたら眠くなって来てウトウトしてしまい、その瞬間に急に体がガクガクし始めた」「エネマグラを入れっぱなしにしていたら気付いたら眠っていて、夢を見ていたら体が痙攣し始めて気持ちよくなり目が覚めた」という話を何度か聞いたことがあります。(エネマグラを入れている時の痙攣やガクガクは、前立腺が充血し始めた証拠です)

これは、眠くなったことでそれまで覚醒していたり考え過ぎていた頭の中の思考が停止して瞑想状態に近くなったからだと思われます。
眠くなって体の力が抜けたのも好条件となり、心身ともに無駄な力が入らなかったことが前立腺の充血と周辺筋肉の痙攣を起こし易くしたと考えられます。


今回は少し難しい話になってしまいましたが、とにかくこの項目で重要なのは「体が疲れているとドライオーガズムを感じにくい」「眠気により頭が瞑想状態に近くなるとドライオーガズムを感じ易い」ということです。

前立腺マッサージの前は、なるべく元気な状態でリラックスしていると効果が出易くなります。
お仕事でお疲れの場合などはオイルマッサージもご対応可能ですので、ご希望があればお申し付けくださいね。

長くなりましたが、今日はここまで。
次回はこの続きでエネルギー摂取とドライオーガズムについて書こうと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございます。


紀美花

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★1ブログ1題 紀美花カルタ(続・改名)

『ひ』

人知れず お尻を締めて 思い出す

帰路についても 冷めない火照り

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。