FC2ブログ

Welcome to my blog

紀美花の研究メモ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第3回 イキたいのにイケないドライオーガズムの敵をやっつけろ!】

コラムと称して書いていた駄文3。※一部修正しています。

___________________________________
★2014年5月31日の記事



本日はコラム槙野式ドライオーガズム勉強会第3回のお届けです!


第2回でドライへの近道となる下準備をご紹介しましたが、本日はいくら下準備をしてもドライへの道を阻む『敵』をご紹介します!!

ドライを体験したいけど、色々やってもなかなか気持ち良くならない方、もしかしたらこの敵が住み着いているかもしれません!!

敵の目の前で足踏みしていても勿体無いので、手っ取り早くやっつけて先へ進んじゃいましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーー
✳︎槙野式ドライオーガズム勉強会✳︎
【第三回 イキたいのにイケないドライオーガズムの敵をやっつけろ!】



ドライオーガズムは、私は物理刺激よりも精神的な状態が重要だと思っています。

前回も「リラックス出来る状態」を下準備として上げていますが、なぜリラックスが必要かと言うと、私の考えるオーガズムは「自分を解放出来る、さらけ出せる状態」だからです。

よく、「女の子の気持ちになれば良い?」と聞かれますが、どちらかと言えば「赤ちゃんになってしまう」と言うのが私の感覚では近いです。


私はこのコラムの第1回から、男性のドライオーガズムと女性のポルチオオーガズムをほぼ同等と捉えて書いていますが、残念なことに女性の半分は性行為そのものが全く気持ち良くないとのこと。

そんな女性達には、「ベッドで裸になった時くらい見栄も恥もプライドも捨てて赤ちゃんになってしまいなさい!」と言いたい。




さて...いきなり熱くなって話が脱線ましたが、つまり、「敵」というのは、この精神の解放を阻むストッパーになってしまうもののこと。


それは一体何なのか。

私が強敵と思う順に挙げていきます。




1、固定観念


前回も、書きましたが、前立腺は人それぞれです。


性癖、好きな体位があるように、前立腺にも癖があります。


「絶対こうしなくてはならない」「絶対こうなる」


と言った考えは捨てましょう。

気持ち良く無かったり痛かったりした場合は、体質が合っていない場合があるので、無理して一つのことをし続けず、色々と試して自分に合った方法を捜しましょう。


また、お店での施術を受ける場合も、固定観念が強いと損をする場合があります。

看護師は様々なドライオーガズムや前立腺を見ていますので、問診や施術の最中にお客様がどんなタイプの前立腺なのかを見極めて、それぞれの方に合うと思われる刺激をいくつか試みていきます。


体験したことや聞いたことが無い方法や技を看護師が持っていて、その中に体質に合うものがあるかもしれません。

固定観念を捨てて、柔軟な姿勢で施術を受けると、ドライに辿りつける道が増えて、絶頂到達への可能性が高まります。

(痛い場合や不快な場合は必ず直ちにに申し出て下さいね)




2、不安、恐怖


口を酸っぱくして「リラックス」と書いていますが、それは不安を消すためでもあります。

不安や恐怖を感じていて興奮したり心地よくなる人はほとんど居ません。

特に、初めての来店の場合はだと不安なのは分かりますが、来店してしまったのだから、諦めて身を委ねてしまった方がドライ到達の可能性が高まります。


(看護師はお客様の不安を拭うよう心がけていますので、いつまでも不安が続く施術の場合は、看護師との相性が悪いかもしれません。)



3、緊張


たまに緊張が興奮に繋がる場合があるので、必ずしも敵ではありませんが、ほとんどの場合は体が硬直してしまうと感じにくくなります。


来店の場合は落ち着いた状態で施術を受けるか、安心出来る(甘えられる)看護師を探しましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーー

ドライオーガズムの敵は上記の3つです。

特に、固定観念がある場合は、知らないことや正しくないと思っている出来事が起こった時に不安や恐怖、緊張も呼びますので、私としては是非ともやっつけて頂きたいです!


[槙野式ドライオーガズム勉強会、第三回 おわり]

下準備ばかりで飽きて来た方も居ると思うので、次回第四回は、『槙野式ドライオーガズム必殺技集』をお届けします。
お楽しみにー(^-^)/

まきの


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

☆1ブログ1題まきのカルタ(再)☆

『こ』

鼓動聞き 震える体 押さえつけ

一気に攻め込む 果てる時まで
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。